学資保険のおすすめランキング!返戻率の高さや加入者数を徹底比較

愛する我が子の将来のために教育資金を貯められる学資保険。小中高の入学時に祝い金をもらえたり、最後には満期保険金をもらえたりします。しかし、いざ学資保険に入ろうと思っても

とある人
どの学資保険がいいかさっぱり……

という方は大勢いらっしゃいます。

そこで、今回は学資保険のおすすめランキングをご紹介します。返戻率の高さと加入者の多さの2つからおすすめランキングを作成したので参考にしてもらえたらと思います。

また、単純に保険会社を比較するだけでなく、実際に利用した100人の方のアンケート結果をもとに生の声もお届けします。

将来のお子さんの未来のための良い選択をお手伝いできればと思います。

 

おすすめできる学資保険の条件

おすすめ1:返戻率が高い

返戻率が高い学資保険を選べば、将来お子さんのために使えるお金が増える可能性があります。

返戻率とは払ったお金に対してどれだけのお金が返ってくるかというものです。わかりやすく表にするとこちら↓

支払うお金 返戻率 返ってくるお金
200万円 90% 180万円
100% 200万円
110% 220万円

※税金を考慮すると実際の値は変動します。

一目瞭然ですが、返戻率が高い方がお金は多く返ってきます。長期的な視野で考えると返戻率が高い学資保険を選ぶことはとても大切なポイントです。しかし、返戻率が100%を下回ると元本割れと言い、払込保険料よりもらえるお金が減ってしまいます。

とある人
そしたら学資保険じゃなくて銀行預金やタンス預金でいいじゃん!

この考え方はとても危険です。自分が働けなくなった時のことを考えてみて下さい。子どもの将来どころか、今を生きるために預金を引き出さなければなりません。

学資保険の場合は保険料払込免除という制度があります。契約者に万が一のことがあった場合、保険料を支払わなくてもお金を受け取れる場合があるというものです。

そして返戻率の高い学資保険に加入すれば預けた金額以上のお金が戻ってくることがあります。銀行預金やタンス預金では預けたお金しか戻ってきません。そのため、学資保険を選ぶ際は返戻率の高さを重視することが大切です。

また、返戻率は年々下がってきているため早いうちに加入することをおすすめします。さらに子どもが幼いうち、親の自分が若いうちに加入すると返戻率は高くなるので、なるべく早いうちに加入したほうがいいです。

おすすめ2:会社倒産のリスクが低い

学資保険を選ぶ際に、安定した保険会社を選ぶと将来のリスクを最小限にできます。

とある人
学資保険の会社が倒産したらどうなるの?

簡単に答えを言うと、保険料の払込をしたあなたが損をします。全てを失うわけではないので安心してください。法律で決められており、ある程度まで保証されますが今まで支払った保険金すべてが戻ってくるわけではありません。

学資保険は10年以上の契約期間になることも多いので、保険金を支払う期間が長ければ長いほど、保険会社が倒産した時のリスクは大きくなります。将来のリスクを軽減するためにも倒産のリスクが低い保険会社を選ぶことはとても大切なポイントです。

 

学資保険おすすめランキング

学資保険の返戻率が高いランキング

最初に返戻率が高い学資保険のおすすめランキングを紹介します。学資保険は返戻率の高さで選ぶことをおすすめしますのでぜひ参考にしてみてください。

順位 保険会社 返戻率
1 ソニー生命 約105.36%
2 明治安田生命 約105.3%
3 フコク生命 約105%
4 日本生命 約104.95%
5 住友生命 約103%
6 JA共済 約100.8%
7 第一生命 約100.4%
8 アフラック 約97.4%
9 かんぽ生命 ?(元本割れ)
※返戻率は同条件に近くした上で計算しています。
※プランによりバラつきがあるため総合的に判断しています。
※返戻率の詳しい情報は「各会社の学資保険の特徴と口コミ・評判」で紹介しています。
とある人
返戻率が100%を超えるとお金が余分に戻ってくるんだよね!

そうです。逆に返戻率が100%を下回る保険は注意が必要です。返戻率が高い保険会社というのは、それだけ運用が安定しているということなので安心してお金を預けることができます。

学資保険の加入者が多いランキング

次は、実際に学資保険を利用した100人のアンケート結果をもとに作成した、学資保険の加入者が多いおすすめランキングです。加入者の多さは参考程度に見ることをおすすめします。

順位 学資保険 加入者
1 かんぽ生命 23
2  ソニー生命  22
3 JA共済  18
4 アフラック  9
4 日本生命  9
6 フコク生命  8
7 住友生命  6
8  第一生命  3
9 明治安田生命  2
とある人
人がたくさん契約してるってだけで決めていいの?

結論ダメです! この結果は最近のものだけでなく、返戻率が良かった時期も含んでいます。さらに加入した人の中には、「知り合いが保険会社にいたから」という人もいて、このランキングだけを鵜呑みにするのは良くないです。

結局は返戻率の高さで保険会社を選んでいる人がほとんどなので、保険会社に知り合いがいなければ返戻率の高さで選ぶことをおすすめします。

 

各会社の学資保険の特徴と口コミ・評判

学資保険を選ぶ際に重要なことは保険会社の比較です。「あの人も契約しているから」とか「加入者が多いみたいだし」と1つの保険会社しか知らないのに契約することはおすすめできません。

特に返戻率の高さは調べて比較してみないと分からないことです。保険会社の比較をお手伝いをするために、9つの保険会社の学資保険の特徴と口コミ・評判をまとめてみました。参考にどうぞ!

ソニー生命の特徴と口コミ・評判

返戻率の高さランキングで1位、加入者の多さランキングで2位を取ったソニー生命の「学資金準備スクエア」。これだけの信頼を勝ち取るにはそれなりの理由があります。特徴を表にまとめたのでサクっと見てみましょう。

返戻率 100.7%~106.5%
払込方法 年払い・半年払い・月払い
プラン 家計に合わせたオーダーメイドプラン(下記詳細あり)
特徴 保険料払込免除付き
医療保障なし
無配当(特約つければ配当金あり)

※返戻率は「契約者30歳女性」「子ども0歳」「受取総額200万円」で「一括払い~18年払い」の範囲

1番に目を引くのは返戻率の高さです。他の保険会社よりも、預けた金額より多くの金額が返ってくるというだけで多くの人が加入する理由が分かります。

次に契約者に万が一のことが起きても大丈夫ということです。もし契約者のパートナーが不慮の事故で亡くなったとしても、保険料を支払う必要がなくなり、学資金を100%受け取ることができます。

最後に、家庭それぞれに合わせた豊富なプランがあることです。そのパターンは30を超え、ほとんどの家庭のニーズに合わせたプランを用意しています。30を超えるパターンと聞くと、「複雑そう」と思いますがそこがシンプルなのもソニー生命が支持される理由です。

受取タイミング
中高大入学時(12歳・15歳・18歳) 大学進学時(18歳) 大学進学後から5年間(18~22歳)
満期年齢
17歳(早生まれ) 18歳 20歳 22歳
保険料払込方法
月払い 半年払い 月払い
  • 学資金を受け取るタイミングを3つから
  • 満期年齢を4つから
  • 保険料払込方法を3つから

選べます。プランが多いということは無理のない範囲で保険料を払えるということです。無理なく払えて、返ってくるお金が多いというのは最高ですね。

ソニー生命の返戻率や特徴などの詳細は下記の記事にまとめてあります。

関連記事

学資保険の話すると「ソニー生命の学資保険が返戻率高くておすすめ」と教えてもらったという人がいるかもしれません。 とある人 せっかく教育費を貯めるならよりお得にお金を増やしたい と思う人が多いでしょう。 ソ[…]

ソニー生命の口コミと評判

らむね様 40代・男性

まずは何と言っても利率が良い事。
何を学資保険に求めるかにもよりますが、当方では途中解約はせず、最終利率を最優先しました。結果こちらが良かったです。

悪い点は特にありません。利率を求めていたので、他の用途もないためです。

管理人
やっぱり返戻率の高さは大事みたいですね。
学資保険を選ぶ際は最終的な利益を考えるといいかもしれません。
sim様 40代・男性

学資保険の良い点は、子供のためのお金を、給料や生活費とは全く切り離して保存できる点です。私にとっては、この点が最も重要ポイントでした。

次に良い点は、元本割れする心配がない点です。この点は他のハイリスク投資とは違う点かと思います。

管理人
銀行預金やタンス預金のように引き出せないという強制力を利用したようですね。
また元本割れのリスクもなく、安心してお金を預けることができます。

その他の口コミや評判はソニー生命の詳細記事にまとめてありますので、興味があれば下記もチェックしてみてください。

関連記事

学資保険の話すると「ソニー生命の学資保険が返戻率高くておすすめ」と教えてもらったという人がいるかもしれません。 とある人 せっかく教育費を貯めるならよりお得にお金を増やしたい と思う人が多いでしょう。 ソ[…]

明治安田生命の特徴と口コミ・評判

明治安田生命の「つみたて学資」は返戻率が非常に高いです。返戻率の高い学資保険おすすめランキングでも2位に入りました。その他の情報も表にまとめましたので確認しましょう。

返戻率 103%~108.1%
払込方法 年払い・半年払い・月払い
前払いも可能(保険料が割引される)
プラン 受取:18歳から毎年4年間
払込期間:「10歳まで」か「15歳まで」の2通り
特徴 保険料払込免除付き
医療保障なし
無配当

※返戻率は「契約者30歳女性」「子ども0歳」「受取総額200万円」で「一括払い~15年払い」の範囲

明治安田生命の「つみたて学資」は返戻率の高さが業界トップクラスです。受取総額300万円、30歳女性、お子さん0歳で契約して一括で支払うと返戻率はなんと109.2%になります。

一括は現実的ではない家庭も多いと思いますが、一括ではなく月払いでもその返戻率は他社と比べて高いものとなっています。

また、一番お金がかかる大学の時期にお金を受け取れるので安心です。

さらに保険料の払込は最も長くても15歳までなので、お金が本格的にかかる前に支払いを終えることができます。申し込みも出生予定日の140日前からできるので、出産後にバタバタになる前に準備をすることができます。

さらに保険料払込免除以外の特約はないため、無駄な保障をつけて返戻率が下がる心配もありません。

明治安田生命の返戻率は学資保険サービスの中でトップクラスに高いのですが、条件が厳しい傾向にあります。

もし明治安田生命の学資保険について細かい情報を知りたい場合は、下記の記事を参考にしてください。

関連記事

とある人 学資保険に加入しようと思っているんだけど、明治安田生命の学資保険ってどうだろう? とある人 明治安田生命の学資保険は返戻率が高いって聞いただけどどうなの? と思って明治安田生命の学資[…]

明治安田生命の口コミと評判

renan様 30代・女性

良い点はかなり細かくプランを作成してくれて1つのプランだけではなく、ドル建てや積み立て学資など複数から選べ選択肢が多かった。また、非常に分かりやすかった。月の支払い金額もそれほど高くない。

悪い点は特にありません。

管理人
細かなプラン設定というのは幅広くのニーズに応えられるのでいいですね。自分に合ったプランを組むことができます。
MK様 20代・女性

掛け金も無理なく掛けられるので個人的には満足しています。

まだ、子供も生まれたばかりで学資保険を掛け始めたばかりなので今のところは不都合の点は出ていないです。無理なく続けていける学資保険だと思っています。

管理人
無理のない保険料の払込プランが一番安心することができます。
無理をすると途中解約になり、元本割れするリスクがありますから。

フコク生命の特徴と口コミ・評判

フコク生命の学資保険「みらいのつばさ」も返戻率が高く、貯蓄性を重視できる保険です。返戻率の高い学資保険おすすめランキングでは3位にランクインしました。特徴を見てみましょう。

返戻率 101.5%~105.7%
払込方法 年払い・半年払い・月払い
プラン 受取:節目ごとに分割・大学入学で一括
払込期間:11歳まで・14歳まで・17歳までの3通り
特徴 保険料払込免除付き
兄弟割引(2人目以降の保険料が割引)
医療保障は別で付けれる
5年ごとに配当金

※返戻率は「契約者30歳女性」「子ども0歳」「受取総額200万円」で「11年払い~17年払い」の範囲

フコク生命の「みらいのつばさ」も返戻率が高く、安定して100%を上回っています。他社と異なる点としては、兄弟割引がある点です。月払いの場合、満期保険金額10万につき、月10円の割引となっています。

保険料払込免除はもちろんのこと付いており、万が一のことがあっても安心です。

プランは6つでシンプルとなっています。(払込方法を含めば24パターン)

受取 入園入学ごとにもらう
払込期間 11歳まで 14歳まで 17歳まで
受取 大学進学で重点的にもらう
払込期間 11歳まで 14歳まで 17歳まで

まず

  • 入学時にこまめにもらうか
  • 大学入学で一気にもらうか

選ぶことができます。そして払込期間を

  • 11歳まで
  • 14歳まで
  • 17歳まで

の3つの期間から無理のない範囲で決めることができます。

返戻率を高めたい人は年払いができなくても半年払いにすれば保険料が低くなり、返戻率が高くなります。いろんな家庭に柔軟に対応できるプランとなっています。

フコク生命の学資保険に興味を持った場合は詳細を下記の記事にまとめてありますので参考にしてください。

関連記事

とある人 学資保険みんなやってるけど実際どうなんだろう? お子様が誕生して成長していくとともに教育資金の不安が出てきます。 実際に私も窓口でお客様の相談聞いていますので、その気持ちがとっても分かります。 […]

フコク生命の口コミと評判

しゅんぴー様 20代・女性

入園、入学の都度に引き出せるかたちのタイプと大学入学まで長く貯めるタイプのものがあり、前者を選んでも引き出さずにそのまま貯める選択もできたり、貯めてる分をもし急に必要になったときに引き出せるカードがあったりして安心できる部分があります。

逆にそれを使ってしまう不安もあるのできちんと自分で管理することは大事だなと思います。

管理人
受取のタイミングの選択肢が多いというのは非常に魅力的です。
将来、本当に必要な時期にお金をもらうことができます。
ター様 30代・女性

良い点はやはり還元率が100%を上回る事。せっかく払った保険料より下回って戻ってくるのは困る。
それと兄弟割引があるので二人目、三人目となった時に、保険料が少し割引されての支払いとなる。

悪い点は今のところなし。

管理人
返戻率が100%を上回るとお金が余分に戻ってくるので、やっぱり返戻率が高い学資保険を選びますよね。
また、兄弟割引もあるのでお子さんが増えても安心です。

日本生命の特徴と口コミ・評判

日本生命の「ニッセイ学資保険」は平成25年から30万件以上の契約をとっている保険です。返戻率の高い学資保険おすすめランキングでは4位に入りました。特徴を見てみましょう。

返戻率 102.6%~109%
払込方法 年払い・月払い
プラン 受取:祝金あり型・祝金なし型
払込期間:5年・10年・学資年金開始時までの3通り
特徴 保険料払込免除付き
医療保障なし
配当金あり

※返戻率は「契約者30歳女性」「子ども0歳」「受取総額200万円」で「5年払い~18年払い」の範囲

返戻率の最大値に目が行きますが、他社には少ない「5年払い」があるためです。

払込期間が短ければ短いほど返戻率が高くなるので、余裕がある人は5年払いに設定してもいいと思います。

くれぐれも途中解約にならないように注意してください。

「ニッセイ学資保険」は、こどもの入院などに備える保証はなく、教育資金を貯めることを重視した学資保険です。

返戻率が高いので貯蓄としては何も言うことはありません。

また、配当金もあるため、運用がうまくいけばお金を余分にもらえることもあります。

払込は月払いと年払いの2種類あり、年払いの方が返戻率は高くなります。

無理なく年払いできる人は年払いにして得しましょう。

日本生命の学資保険の詳細は下記の記事でまとめてありますので参考にしてください。

関連記事

とある人 日本生命の学資保険って返戻率が良いと口コミで評判だけど、実際はどうなの? 上記のように気になっている人も多いようでした。 日本生命は「ニッセイ」の愛称で親しまれ2019年に創立130年を迎え、ソルベン[…]

日本生命の口コミと評判

たろう様 20代・男性

他をしっかり見たわけではないのでわかりませんが、少し高くに感じるため少し生活が窮屈であると思いました。
もう少し他社も含めて検討を行い、生活にも負担が少ないところはないか考えるべきだったかと思っています。

管理人
やはり複数社を比較することは大切ですね。
「無理をしない」ということが一番大事です。
しゃもこ様 40代・女性

とにかくよかったのは、返戻率が高い事だと思います。いまでは考えられないくらいの返戻率です。(約118%です。)
悪い部分は、正直言って、なかなか解約できないです。知り合いに頼むのは、一長一短あるな、と正直思いました。

管理人
昔は返戻率が高かったですが、年々下がってきています。
学資保険に加入するなら早いうちがおすすめです。

住友生命の特徴と口コミ・評判

住友生命の「こどもすくすく保険」は返戻率がトップクラスとまではいかないものの、元本割れする可能性はほぼゼロです。

返戻率の高い学資保険おすすめランキングでは5位にランクインしました。では、特徴を見てみましょう。

返戻率 102.1%~103.7%
払込方法 月払い・半年払い・年払い
前払い・一括払いも可能
プラン 受取:12歳・15歳・18歳・22歳の4回
払込期間:12歳まで・15歳まで・18歳までの3通り
特徴 保険料払込免除付き
3つの付加特約(医療保障)
5年ごとの配当金

※返戻率は「契約者30歳女性」「子ども0歳」「受取総額225万円」で「一括払い~15年払い」の範囲

「こどもすくすく保険」のしくみは簡単に表すとこちら↓

子どもの年齢 12歳 15歳 18歳
受取額 基本保険金額の10% 基本保険金額の10% 基本保険金額の100%
例:基本保険金額100万 10万円 10万円 100万円

※22歳満期で契約すると18歳で30%の学資祝金をもらえます。

中学高校の入学時に少し、大学入学時に多くもらえる仕組みとなっています。大学入学時はもちろんですが、中学高校の入学時も少しはもらいたいと考えている人にはおすすめの保険です。

また、特約をつけるか選ぶことができます。特約は3つあり↓

  • こども総合医療特約
  • こども入院保障充実特約
  • 保険契約者代理特約・被保険者代理特約

注目は上2つの保障で内容はこちら↓

こども総合医療特約 こども入院保障充実特約
子どもの入院と手術の保障 子どもの入院のみの保障

子どもに何かあり急な出費が必要となっても安心の保障となっています。

しかし、特約を付けると返戻率は下がるので慎重に判断しましょう。

元本割れを起こし、支払いの方が多くなる可能性もあります。

また、運用成果によっては5年ごとに配当金がもらえる可能性もあります。

これは学資祝金とは別なので、さらにお金がもらえる場合があるということです。

しかし、運用成果や経済状況によってはもらえない確率もあるので注意です。

住友生命の学資保険の返戻率はあまり高くありませんが、医療保険を加入したいと考えているなら検討する価値はあるでしょう。

住友生命の学資保険の詳細は下記の記事にまとめてありますので参考にしてください。

関連記事

住友生命は多数の有名人が出演するCMでお馴染みの大手生命保険会社です。 歴史のある会社で「スミセイ」の愛称で親しまれています。 そして、住友生命では「こどもすくすく保険」という学資保険を販売しています。 契約条件にもよりま[…]

住友生命の口コミと評判

おおちくん様 40代・男性

0歳から加入したので、月々の掛け金が少額で出来た事は良かったかなと思います。児童手当を半分充てる計画が、予定通り出来た事ですね。

悪い所は、掛け金を少額にした為、満期になっても行く大学によっては足りなくなる事もある事。まあ、無いよりはマシですけどね。

管理人
0歳から加入することで保険料が安くなるのは良いですね。
自分の家庭に合わせた無理のないプランを組むことが大切です。
Gettaroud様 30代・男性

月々5000円程という然程高くない金額を貯蓄をしていくことで、将来的に返ってくる資金がお得に返ってくるという点はとても魅力的だなと思っています。
他の保険会社も検討しましたが、住友生命さんが一番良いなと感じています。

悪い点は特にありませんが、この金額で、他の保証がもう一つついていたらなとは感じました。

管理人
将来的に帰ってくるお金が増えるというのはやはり魅力的ですね。

JA共済の特徴と口コミ・評判

JA共済の「学資応援隊」は「ママリ 口コミ大賞」を3期連続で受賞している保険です。

返戻率の高い学資保険おすすめランキングでは6位に入りました。特徴はこちら↓

返戻率 98.7%~105.8%
払込方法 年払い・月払い
プラン 大学プラン・高校プラン・中学プランの3種類
払込期間:11・12・14・15・17・18歳までの6通り
特徴 保険料払込免除付き
医療保障なし
配当金あり

※返戻率は大学プランの「契約者30歳女性」「子ども0歳」「受取総額200万円」で「11年払い~18年払い」の範囲

JA共済の「学資応援隊」はネームバリューはあるものの、そこまで高い返戻率とは言えません。

18年払いが最も月々の保険料が安く負担が少ないのですが、代わりに返戻率が低くなってしまいます。

しかし、払込期間は6つから選べるので柔軟に対応してくれます。

また、中学プラン、高校プラン、大学プランの3種類あり、自分が本当にお金が欲しいタイミングのプランにすることができます。

ちなみに表の返戻率は「月払いの18年(98.7%)」~「年払いの11年(105.8%)」の幅なので、返戻率を高くしたい人は、なるべく短い期間で年払いにすると良いです。

口コミでもそのようにしてる方がいるので確認してみて下さい↓

ちなみに、下記の口コミや評判は一部で、JA共済の学資保険の情報は下記にまとめてあります。

関連記事

「JA共済の学資保険は口コミで評判でよく耳にするけど、2020年になった今でも払った金額よりも多くお金を受取れるの?」 「農協関係者しか契約できないのでは?」 とJA共済の学資保険に興味を持っているけど、疑問に思っているかも[…]

JA共済の口コミと評判

べさきん様 30代・女性

JA共済のよい点は返還率が高いところです。
中学生までに払い終わるプランで1年間に一括支払いをしていく方法です。その支払いにすると一番率がよいプランになるからです。

悪い点は一括支払いになるので高額なお金が必要になるので地道にためとかなければいけないことです。

管理人
年払いにすると返戻率が高くなります。後ほど返戻率を高くする方法もまとめてあるので参考にしてもらえたらと思います。
阿部 康治様 50代・男性

融資額は200万円程で、地方の4年制大学で自炊させている息子への学費、生活費の捻出に大変助かりました。
学資保険は一般の貸付より利息が安いのも融資を受けた理由の一つです。

返済は4年間ですが、もう少し長い期間で返済できれば助かります。

管理人
やはり学資保険は本当にお金が必要な時にお金がもらえるのが嬉しいですね。特に大学はお金がかかるので助かります

第一生命の特徴と口コミ・評判

第一生命の「こども応援団」は数少ない5年払いがある保険です。返戻率の高い学資保険おすすめランキングでは7位にランクインしました。特徴を見てみましょう。

返戻率 100.4%~102.7%
払込方法 年払い・半年払い・月払い
プラン 受取:18歳から毎年5年間
払込期間:5年・10年・15年・18年の4通り
特徴 保険料払込免除を付けれる
医療保障なし
配当金あり

※返戻率は「契約者30歳女性」「子ども0歳」「受取総額300万円」で「15年払い」で「特約あり~なし」

第一生命の「こども応援団」の返戻率は高くはありません。

プランによっては100%を下回り、元本割れを起こします。

なるべく早いうち、つまり子どもも親も若い時に加入すると返戻率は高くなるので早いうちに加入することをおすすめします。

また、配当金があるため第一生命の運用がうまくいけばお金を余分にもらえるかもしれません。

第一生命の学資保険「こども応援団」と「Mickey」のプラン詳細や口コミや評判などは下記の記事にもまとめてあります。

関連記事

とある人 第一生命の学資保険って保障が手厚いと聞いたけど、実際はどうなの?誰でも加入できるプランがあるって聞いたけど本当? と考えている人もいるかもしれません。 第一生命の学資保険は以下の3種類のプランから家庭[…]

第一生命の口コミと評判

あゆ様 30代・女性

学資保険は二つ入っていて、満期までお金がおりないタイプと途中でお金が貰えるタイプを契約しました。
後から思ったのは満期までのタイプではなく途中で貰えるタイプにすれば良かったなと思います。途中で貰える事によってその時の子供達に使えるからです。

管理人
家庭によってお金をもらいたい時期は変わるので、どのプランにするかはしっかり考えたほうが良さそうです。
しゅんり様 30代・女性

良い点は知り合いなので色々契約の面でも言いやすい

悪い点は利率が良くなく、銀行預金とさほど増える額が変わらないところです。以前と比べて金利の利率がかなり低くなりました。簡単におろせないから貯金と思っていいかなと思っています。

管理人
知り合いがいる人は気軽に相談することができますね。
また、簡単に引き出せないのでしっかり蓄えることができます。

アフラックの特徴と口コミ・評判

CMのアヒルが有名なアフラックの「夢みるこどもの学資保険」は残念ながら返戻率が100%を下回ります。

返戻率の高い学資保険おすすめランキングでも8位とそこまで期待できません。特徴を確認してみましょう↓

返戻率 96.5%~98.3%
払込方法 年払い・半年払い・月払い
前払いも可能(保険料の割引)
プラン 受取:高校入学時と大学入学から4年間1年ごと
or 高校入学時&大学入学時一括受取
払込期間:10歳まで・17歳まで・18歳までの3通り
特徴 保険料払込免除付き
医療保障なし
無配当

※返戻率は「契約者30歳女性」「子ども0歳」「受取総額300万円」で「15年払い~18年払い」の範囲

返戻率は高くなく、アフラック公式HPでも

受取総額や解約払戻金はほとんどの場合、累計払込保険料を上回りませんのでご注意ください。

と表記しています。

アフラックの「夢みるこどもの学資保険」は中学入学時の学資金はないので、中学入学時の学資金が欲しい人はおすすめできません。高校と大学にお金が必要な人向けです。

ただ、周りにアフラックをおすすめされて、より細かい情報を知りたい場合は下記の記事にまとめてあります。

関連記事

アフラックと言えば、「がん保険」を思い浮かべる人は多いのではないでしょうか。 ただ、アフラックでは学資保険も取り扱っているのをご存じですか? 知っている!という方は学資保険がどんな保険か知っていますか? 今回はアフラックの[…]

アフラックの口コミと評判

eyesan様 40代・女性

選んだ学資保険の良い点は、10歳払込済みというのがあって、子どもに本格的にお金がかかる前に払い込みが終わるという点です。

悪い点は、18歳で支払いなので、少しの間だけつなぎのお金を借りないといけない点が挙げられます。

管理人
10歳=小学4年生までに払込が終わるプランはお金が必要になる前に支払いを終えられるので良いですね。
ただ、1回の支払額も多くなるので無理のない範囲をおすすめします。
ぼな様 30代・男性

良い点は、貯金をしていくイメージで無理なく積み立てができる事。自分で受け取る年数など細かく選択できるのは魅力的だと思いました。

悪い点は、特にありませんが、もう少し受け取れる金額が多ければいいなと思いました。

管理人
受け取る年数を細かく設定できるのはありがたいです。中学・高校・大学と家庭によってお金が必要なタイミングが変わってくるので、自分の家庭に合わせたプランを組みましょう。

かんぽ生命の特徴と口コミ・評判

かんぽ生命の「はじめのかんぽ」は郵便局が販売しているので知っている人も多いのではないでしょうか。

しかし、返戻率の高い学資保険おすすめランキングでは9位で、返戻率は元本割れしています。まずは特徴を見てみましょう。

返戻率 ?(おそらく約95%)
払込方法 月払い、前払い可能
プラン 受取:18歳で一括
小中高入学時&18歳
18歳から4年間1年ごと
払込期間:12歳まで・18歳までの2通り
特徴 保険料払込免除付き
医療特約を付けれる
配当金あり

かんぽ生命の「はじめのかんぽ」は

  • 大学入学時に一気にもらうか
  • 小中高の入学時と大学入学時の両方もらうか

どちらかを選べます。

しかし、2016年から元本割れを起こしているため、貯蓄性は重視できません。

公式サイトでも月々の保険料は確認できますが、返戻率は見ることができません。

ただ、医療特約をつけることで子どもの入院や手術に保証が付きます。ですが特約をつけるとさらに返戻率が下がるため注意が必要です。

かんぽ生命の口コミと評判

ゆん様 20代・女性

良い点は郵便局なので加入のしやすさがあります。産後は何かとバタバタしがちかので、近所の郵便局でさっと加入できて負担も少ないです。

悪い点は利率がとにかく低いです。これはかんぽの方も「うちは、あまり利率が‥」と仰っていたので間違いないかと思います。

管理人
加入のしやすさをとるか、返戻率の高さをとるかですね。
子どもが生まれる前から準備してバタバタになる前に答えを出せておくといいですね。
yuringo1977様 40代・女性

良い点は、18歳に達したとき、20歳に達したときと、必要な時期に分散して入金してくれることです。
18歳の時は、大学入学費用もしくは自動車学校代に、20歳の時は学費はもちろん、成人式の準備(振袖レンタル等)に使えます。

管理人
本当に必要な時にお金をもらえるのが学資保険の良いところです。
銀行預金やタンス預金とは違うところですね。

 

学資保険の返戻率を高くするポイント

学資保険の返戻率を高くするポイントは7つあります。

  • 支払方法は一括
  • 支払期間を短く
  • 受取時期を遅く
  • 受け取りは分割
  • 必要な保障だけ
  • 0歳で加入
  • 契約者は保険料が安い方
とある人
7つって多いよ。そんなに覚えられない……

7つと言っても前半の5つはほぼ同じ理由で返戻率を高くできます。それは、保険会社がお金を運用できる期間を長くするということです。

保険会社は保険料としてもらったお金を運用します。

一括払いや、受け取りを遅くした人は、保険会社からすれば運用して利益を生み出すまでに多くの時間をもらっているということです。

そのため契約者にも還元される確率が高まります。

しかし、7つ全てをやろうと思うのは非現実的です。

誰しも返戻率は高い方がいいとは思うのですが、無理をして保険料が支払えなくなっては保険に加入した意味がなくなります。

自分なら「これはできそう!」、「これは無理そうだな」と考えながら読み進めていってください。

それでは7つそれぞれについて詳しく説明していきます。

支払方法は一括

とある人
一括で払うなんて無理だよ!!

もちろん、一括がベストという話です。返戻率が高い順に

  1. 一括
  2. 年払い
  3. 半年払い
  4. 月払い

となります。理由は、保険会社のお金の運用期間が長くなるためです。月払いの人は保険会社からすると少しずつしか運用できるお金をもらえません。その分、契約者に還元できるお金が少なくなるのは当然のことです。

返戻率のを高くするには一括→年払い→半年払い→月払いの順にできないか考えてみましょう!

支払期間を短く

0歳から18歳まで支払うのではなく、同じ金額を0歳から10歳まで支払うようにした方が返戻率は高くなります。理由はやはり保険会社の運用期間が長くなるためです。

とある人
じゃあ、私も10年とか15年で支払うようにするね!

しかし注意点があります。返戻率を高くしたいからといい、支払期間を短くし過ぎて途中解約に陥る可能性があることです。支払期間を短くするということは1回あたりの支払額が大きくなるということです。

保険料の支払いのせいで今の生活が一杯一杯になってしまっては元も子もないなので、無理のない範囲で支払期間を短くしましょう。

受取時期を遅く

18歳から22歳で受け取るプランにすると返戻率は高くなります。学資保険には「祝い金」と言って中高大の入学のタイミングにお金をもらえるプランがあります。祝い金システムだと、保険会社の運用資金が減ることになるので返戻率は高くなりません。

しかし、18歳以降に満期金を受け取るプランだと返戻率は高くなります。中には20歳を超えてから受け取るプランもあり、こちらの方がさらに返戻率は高くなります。

とある人
じゃあ、私もこの通りに遅い時期に受け取ることにするよ!

ちょっと待って!! 返戻率を高くすることだけでなく、本当にお金が必要なタイミングを合わせて考える必要があります。

家庭によっては、中学高校の入学時にお金が必要かもしれませんし、大学入学時しか必要ない家庭もあるかもしれません。総合的に考えて、本当にお金が必要な時期を見極めましょう。

受け取りは分割

「受取時期を遅く」と少しかぶってしまいますが、受け取りを18歳から分割で受け取るプランにすると返戻率は高くなります。18歳で一括受取するより、18歳から4年間にわたって受け取った方がいいということです。

保険会社の運用期間がそれだけ長くなるということなので返戻率は高くなります。しかし、何度も言いますが無理をしない程度にプランを考えてみて下さい。大学入学時は入学金や一人暮らしの準備など相当なお金がかかります。大学入学時に一括でもらいたい人もいるので、大学4年間で分割でもらうかどうかはしっかり考えましょう。

必要な保障だけ

最低限の保障だけつければ返戻率は高くなります。人間はリスクを回避したい生き物なので、いざ学資保険のプランを決めるときにたくさんの保障をつけがちです。しかし、後になって「この保障いらなかったなあ……」ということは多々あります。

保障をつけすぎると返戻率が100%を下回ることになりかねないので、必要な保障だけをつけましょう。

0歳で加入

早いうちに学資保険に加入すると返戻率は高くなります。これは契約者の年齢が低くなるということも含んでいます。契約者の年齢が高いほど返戻率は低くなります。子どもが大きくなるということは契約者も年を取るということです。

0歳で加入する=契約者が若いうちに契約することで返戻率を高くできます。

契約者は保険料が安い方

プランをシミュレーションして、保険料が安い人を契約者にすると返戻率が高くなります。これは保険料免除制度のためです。

契約者に万が一のことがあった場合、保険料が免除され契約自体は続いていくというものです。つまり、「契約者に万が一のことが起こる可能性が低い人」の方が返戻率は高くなります。なので若い女性が契約者になった方が保険料が安くなる傾向があり、結果として返戻率が高くなります。

以上、7つの返戻率を高くするポイントはいかかだったでしょうか? おさらいすると

  • 支払方法は一括
  • 支払期間を短く
  • 受取時期を遅く
  • 受け取りは分割
  • 必要な保障だけ
  • 0歳で加入
  • 契約者は保険料が安い方

ポイントは、保険会社に預ける期間を長くすることでした。返戻率が高い保険会社で返戻率を高くすれば、将来的に戻ってくるお金は増えるので参考にしてもらえたらと思います。

しかし、返戻率の高さにこだわり過ぎて、毎月の保険料が払えずに途中解約となると元本割れを起こします。そうなるともったいないので、無理なくできる範囲で返戻率を高くしてみましょう。

 

学資保険をおすすめしない人の声

とある人
でもやっぱり学資保険はなんか嫌だな

と思ってしまう人はたくさんいます。実際、学資保険に加入して「加入しなければよかった」と思う人もいます。そこで、学資保険をおすすめしない人たちのリアルな声を2つ紹介します。

大半の人が途中解約して損をしていることに注目していますね。確かに途中解約をしてしますと元本割れを起こし、戻ってくるお金は減ってしまいます。途中解約という事態に陥らないためにも、最初に無理のない払込プランにすることが重要です。

昔は返戻率が高かったので昔と比べると学保険はお金が増えなくなりました。しかし、今でも返戻率が100%を超えるものはあるので、返戻率の高い学資保険を見極められるかが重要となってきます。

重ね重ねになりますが、返戻率が高いのであれば学資保険に加入することはおすすめします。短期的に見れば保険料を払うのでお金は減るかもしれませんが、長期的に見ればお金が増えることになるので、返戻率の高い保険に契約することが重要になってきます。

実際、大学まで通わせるにはこれだけかかります。最も多いパターンは黄色で表記してあります↓(文部科学省のデータから計算)

国公立 私立
幼稚園 649,088円 1,584,777円
小学校 1,926,809円 9,592,145円
中学校 1,462,113円 4,217,172円
高等学校 1,372,072円 2,904,230円
大学 2,425,200円※ 5,077,360円※
合計 7,835,282円 23,375,684円

※医歯系学部だとさらにかかります

一番多いパターンの学費だと11,423,131円かかります。(私立→公立→公立→公立→私立の順番)

特に私立大学の初年度の平均費用は約140万円かかるため、この資金を貯めておくことが重要です。返戻率の高い学資保険に加入していれば、計画的に貯蓄でき、お金も余分にもらうことができます。大学までという長い道のりを考えると学資保険に加入するのはおすすめの手段になります。

 

学資保険の選び方

学資保険の「返戻率のおすすめランキング」と「加入者のおすすめランキング」や「各保険会社の特徴や口コミ・評判」を見ていただきましたが、いかがでしたか。

特に返戻率の高い学資保険おすすめランキングは参考にしてもらえたらと思います。

学資保険は、返戻率の高さを第一に考えましょう。返戻率の高い学資保険を選べば、途中で使ってしまうリスクも減り、ある程度の強制力を持ってお金を貯めることができます。さらに、将来的にはお金が増えて戻ってくる可能性もあるので、学資保険の返戻率の高さはとても重要なポイントです。

しかし、一口に返戻率と言っても実は人それぞれです。

  • 親の自分が何歳で契約するのか
  • 子どもが何歳で契約するのか
  • プランはどういうものなのか

など人によって契約する状況が異なります。つまり、同じ保険会社で契約しても人によって返戻率の高さにバラつきが出るということです。

そのため、加入前に気になる保険会社の

  • 資料請求をしたり
  • HPを見たり
  • 見積もりをする

など情報収集してからどの保険会社にするか決めましょう。返戻率が高く無理なく保険料を払い込みできるのであれば、長期的に見て得をすることになります。何より大事なのは

自分が納得した上で保険に加入するか

につきます。「おすすめランキングで1位だから」で納得できる人はそれでも大丈夫です。しかし、いくら情報収集しても納得できないなら、もしくは不安ならさらに情報を集めてみて下さい。分からないまま契約してしまうことが一番リスクが高いです。そんなリスクを取らないためにも、今回の記事を何度も読んで学資保険の選び方に役立ててください。

最後までご覧いただきありがとうございました!